初めての韓国旅行に行った僕が教える!韓国旅行を安心して楽しむための方法~パート1(準備編)

韓国旅行ガイドブック

どーも、けしたんです。

以前、初めて韓国旅行に行きました。
というより海外旅行に初めて行きました。
しかも、一人旅でw

正直な話、一人は心細かったですし、結構不安でした。

旅行前に不安を解消するためにネットでいろいろ下調べしたのですが、アドバイスやコツをまとめられているサイトがありませんでした。
もしかしたら「僕みたいに不安になられている方がたくさんいるのではないかな?」と思ったので、今回韓国旅行を安心して行くための方法などをシリーズ化してお伝えしていこうと考えました。
今、この記事を見ていただいている方の手助けになれば幸いです。

今のところは、とりあえずパート5に分けてお届けしていこうと思います。

■けしたんの韓国旅行を安心して楽しむための方法
・パート1(準備編)
・パート2(日本国内から離陸するまで)
・パート3(韓国に到着してから)
・パート4(韓国に散策、食事)
・パート5(韓国から帰国するまで)

では、韓国旅行のパート1(準備編)です。

スポンサーリンク

持ち物

まず初めに旅行の準備に肝心なことと言えば、持っていくものです。

ここでは重要なものだけ紹介しますね。
(洋服とか歯ブラシとかそんな細かいことまであげたらキリがないので。)

【スーツケース】

スーツケース
スーツケース
当たり前ですが、スーツケースがないと旅行なんて出来ません。
弾丸ツアーなどで泊まりをしない方などでしたらリュックだけでもいいかもしれませんが、初めての韓国旅行で弾丸で行く人は稀だと思いますw

スーツケースでも大きさが何種類もあって、どの大きさにすればいいか迷いますよね。

世間一般的にだいたい以下の宿泊目安で大きさを選んでいる方が多いようです。

スーツケース目安

・2泊~3泊 → 30~49リットル
・3泊~5泊 → 50~59リットル
・5泊~7泊 → 60~89リットル
・10泊以上 → 90リットル以上

ちなみに僕は3泊4日でしたが、容量94リットルの三辺合計が157cmのものを買いました。
初めて見た時はちょっと大きすぎるかなと思いましたが、ちょうど良かったです。
洋服だけでスーツケースの半分が埋まってしまいましたから。

韓国の免税店で買ったお土産のスニーカーとバッグを入れたら、スーツケースがパンパンになりましたw
お土産をたくさん買う人は大き目のスーツケースがいいかと思います。

機内には基本的に手荷物1個と身の回り品1個しか持ち込めないので、土産物を2つ以上持ち込むのは難しいかもしれません。
(※周りの方々はお土産物を手提げ袋に3つくらい持ち込んでいる人もいましたが、特に何も言われていませんでしたw)

土産モノの場合は機内への持ち込み個数を多少超えても大丈夫そうですが、あまり好ましくないと思います。
機内が狭いので周りの人に迷惑がかかりますので。

手荷物

ところで手荷物って何のことか分かりませんよね。
手荷物は3辺の合計が115cm以内で、重さが7~20kgまでのものです。
航空会社によって基準が違うので、必ず確認しておいたほうがいいです。
スーツケースも大丈夫ですので、もちろん大き目のリュックサックなどても持ち込み可能です。

身の回り品は、ハンドバッグやショルダーバックや手土産の袋などと思っていただければいいと思います。
ハンドバッグなどに必要なものを入れてしまいましょう。

話は戻りますが、スーツケースを預けられる大きさには制限があります。
一般的に無料で預けることができるスーツケースの大きさは3辺の合計158cm以内です。
それを超えると追加で料金を取られるのでお気をつけください。
もしかすると、大きすぎるとそもそも預かってもらえない可能性もあるかもしれません。
韓国旅行でそんなに大きなスーツケースを持っていく人はいないと思いますがw

スポンサーリンク